しゃちほこのDTM奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【KAITO調声】シンガーについて

<<   作成日時 : 2009/02/05 23:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私の作品について、たまに「どういうシンガー設定をしているのですか?」と聞かれることがあるので、今日はそれに答えたいと思います。

私は曲ごとにシンガーを変えています。
代表的な「名古屋はええよ!やっとかめ」と「HIGH PRESSURE」のシンガーのパラメータを公開しますね。


この動画に使われているシンガー設定は↓です。
画像


エンジンは1.1を使用しています。
特徴的なのはResonance2のFrequencyが高めなことでしょうね。
この数値を高くすると、ちょっと明るい歌い方になりますが、まじめな曲でここを高くすると、かなり間抜けになると思いますw
Brightnessも高めですが、明るく歌わせたいから高くしてみただけで、どれだけ効果があるのかはあまり分かっていませんw
シンガースタイルはAccentです。1.1で歌わせる時はNormal〜Slow Legartだとポルタメントが効き過ぎて不自然になることが多いのです。
ただ、テンポの遅い曲であればNormal、Legartなどがしっくりくる場合もあります。
おしゃべりは基本的にこのシンガーでやっています。名古屋弁はこいつがしっくりくるんですwww
おしゃべりの時はシンガースタイルはSlow Legartです。


こちらの動画のシンガー設定は↓です。
画像


エンジンは1.0を使用しています。
声色を決めているのは主にGendar FactorとResonanceだと思いますので、
Gendar Factorが少し高めなのと、Resonance3と2のFreqが高めなのが特徴ですかね。
やっとかめと共通してResonance1と4のBand Widthが低めですが、これは色々試した結果やはりここに落ち着いたんですよね〜。これは言葉では説明しにくいし、一概にこれがいいとは言いにくいので実際にパラメータをいじって確かめていただければと思います。
あと、ClearnessがMAXですねw これはこもった感じをなくしたかったからです。

どちらのシンガー設定も基本パラメータはこれですが、コントロールトラックの方でもいじっているパラメータがいくつかあります。
Harmonicsは音の強弱をつけるのに使います。もちろんDynamicsもいじるのですが、Harmonicsの場合、音の豊かさが変わるような気がします。
Harmonicsを小さくするとかすれたような声になりますし、大きくすると張りのある声になると思います。
Dynamicsと合わせて使うと効果的だと思いますよ。

Noiseは主にとかち対策で使いますねw サ行はNoiseを大きくすると解決することがあります。
もちろんそれだけでは解決しない場合もあるのですが。

あと、私の場合Gendar Factorも曲中でいじったりします。
これはちょっと声の感じを変えたいときや、低音を歌わせる時のロボ声を防ぐのに使用しています。
低音はGendarを大きめにするといい感じです。

そしてResonance1と2のFreqもいじりますが、これはギフトPの考察が詳しいのでこちらをどうぞ。
http://ventuscaeruleus.blog104.fc2.com/blog-entry-46.html

他にいじるのはVelocityくらいかな。これは母音が強すぎるときにその音だけ小さくするのに使ったりします。

だいたいはこんな感じですかね〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【KAITO調声】シンガーについて しゃちほこのDTM奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる